【導入事例】マーケティングと顧客エンゲージメントの革新: アクセサリーブランド「ChooMia」のGojiberry導入事例

Tingya Tu
May 29, 2024
  1. 【初めに】ChooMiaについて
  2. 【課題の変化】ブランドを築く
  3. 【Gojiberryの導入】課題の克服
  4. 【顧客インサイトの活用】マーケティングと商品開発に強力なツール
  5. 【まとめ】ECビジネス起業家としてアドバイス

今回は実際にShopify上のストアにアンケートアプリ「Gojiberry」を導入し、効果を実感してくださっている大人の高見えアクセサリーブランド「ChooMia(チュミア)山ノ内さんに、導入のきっかけや効果などをインタビューしました。

山ノ内さんは2013年から2019年まで、有限会社セレクト(現:株式会社セレクト)でレディースファッションブランドPierrot(ピエロ)のCMOとして従事しました。自社サイトの立ち上げから関わり、5年間で月商5,000万円までの成長を達成しました。2019年からは不動産業界でCMOとしてWEBマーケティングに従事し、2020年からはPerCoRe合同会社として独立し、企業様のマーケティング支援を行っています。また、ファッションWEBメディア「【プチ研】プチプラファッション研究所」を運営し、月間200万のアクセスがあるプチプラ専門WEBマガジンを運営しています。さらに、2020年12月からは大人の高見えアクセサリーブランド「ChooMia(チュミア)」を立ち上げました。

大人の高見えアクセサリーブランド「ChooMia(チュミア)」の山ノ内様

まずは、貴社のブランドについて教えてください

ChooMia(チュミア)は、大人のための高見えアクセサリーブランドです。「まるでジュエリーのように愛着をもてる品質のアクセサリー」をコンセプトに、大人が身につけても恥ずかしくないよう、高見えにこだわったアイテムをお手ごろな価格で提案しています。

ブランドや一生ものにこだわるのとは別に、トレンドやちょっぴり遊び心のあるアイテムはコスパ良く買いたい。でも大人世代になって"違い"の分かる今、チープですぐに使わなくなってしまうような一過性のアイテムは避けたい。

ChooMiaでは、普段使いできる上品さとシンプルさを兼ね備えたアクセサリーを取り揃えています。ですが、ただシンプルなだけではなく、ひとクセあって人と被らないデザインや、つけるだけでどこか女らしさが残るアクセサリーなど、思わず「かわいい!」と声が出るような、愛着の持てるアクセサリーを提案しています。

ブランドを築き、運営する上でのこれまでの課題について教えてください

最初にブランドを立ち上げることと現在の問題との間にはかなり大きな変化があります。最初はマーケティング施策に経験があったため、ブランド経営には問題がほとんどありませんでした。仕入れの工場とのやりとりや良いパートナーを見つけることが最大の課題でしたが、現在は大分安定しており、このような課題はほとんどありません。

現在の課題は、逆にどのようにしてブランドを効果的に成長させるかです。正直、以前のマーケティング施策には一定の効果があり、安定した売上成長など明らかな成功を実感していました。しかし、近年は時代の変化のせいか、これらの施策が効果を発揮しなくなり、様々な施策の費用対効果は悪化していると年々感じています。

Gojiberryを導入したきっかけを教えてください

先ほど話したように、マーケティング施策の費用対効果は徐々に悪化している中で、一つだけ上手くいっているのが、「直接お客様と会話すること」です。実際にファンのフィードバックを吸い上げどんどん改善していくことで効果が出たため、zero party dataの収集が重要だという確信を得ました。

顧客からのリアルタイムなフィードバックを集める効果的なツールを模索していたところ、Gojiberryを見つけました。GojiberryはShopifyストアのフィードバックツールとして、アンケートを購入完了ページに簡単に組み込め、顧客が感じた生の声を直接集めることができる点で、ニーズに完璧にマッチしました。

具体的な活用方法とその効果を教えていただけますか?

Shopify上でGojiberryのアンケートアプリを利用することで、様々な側面について顧客にフィードバックをいただきました。例えばブランドを知ったきっかけや、購入体験や製品に関する質問などをアンケートで聞くことで、それぞれ異なるインサイトを得ることができ、改善すべき方向性も見えてきました。

具体的な効果としては、まず「ChooMiaをどこで知りましたか?」というマーケティング属性調査のインサイトを得て、お客さまがどんな媒体からShopifyストアに来たかを把握できます。これにより力を入れるマーケティング媒体を調整し、CPA(Cost Per Acquisition)に役立ちます。

また、顧客がアクセサリーに関して持つ疑問についてもGojiberryのアンケートで調査することができます。例えば、「このネックレスの手入れ方法について知りたい」などです。これらのインサイトを収集し、SNSに記事としてまとめて発信しています。閲覧率がよくフォロワー数も増えて、良い反応がありました。

そして、ブランド経営に関しては、ChooMiaのブランド理念が消費者の心に浸透しているかどうかも、アンケートを通じて調査することができます。顧客が我々の理念を認識して購入しているか、またはChooMiaの強みと弱みをどのように感じているのかを把握することができます。驚くことに、その結果を見ると、私たちが想定したのと異なる点がたくさんありました。これは製品開発やブランドの成長にとって大きな助けとなります。

Gojiberryを活用するメリットを教えてください

Gojiberryは単なるデータ収集ツールではなく、顧客とブランド間のコミュニケーションを促進するプラットフォームとしても機能していると思います。

特にGojiberryのアンケートアプリは、Shopifyの購入完了ページに設置することで、お客さまが購入を完了した直後にアンケートに回答できるようになっています。消費者のモチベーションが高く、購入体験が終了した直後に得られるデータなので、回答率が高く、信憑性も高いと考えられます。非常に効果的なフィードバックですし、効果的なコミュニケーションの方法だと思います。

最後にECビジネスの起業を目指す人々に対して贈るアドバイスはありますか?

「顧客の生の声をもっと大事にしてください」と伝えたいです。顧客の生の声に基づいてマーケティング施策を実施したり、ブランドの改善をしていくことで、これまでにない成長を遂げられるかもしれません。

あと「とりあえずやってみて」です。やってみないと分からないことがたくさんあるので、とりあえず始めましょう。